uBlock OriginのMyフィルターは「要素選択モード」で簡単に作成できる

2016-03-26

uBlock Originは、フィルターによって広告をブロックするツールです。

Myフィルターの活用

uBlock Originのフィルターは、大きく分けて2種類あります。

外部フィルターDLで入手
Myフィルター任意に作成

通常は、「外部フィルター」だけでしっかりと広告をブロックしてくれますが、 Webサイトによっては、「広告ではないけど邪魔な表示」があったりします。 そういう邪魔な表示をブロックしたいときに、「要素選択モード」でブロック対象を直接クリックして、 簡単にMyフィルターを作成することができます。

Myフィルターの管理

Myフィルターの管理は、ダッシュボード内のMyフィルター画面で行います。

Myフィルター画面の表示

メイン画面のタイトル部分をクリックして「ダッシュボード」を開きます。

Firefox uBlock

ダッシュボードを開く

この画面で、フィルターの修正や削除ができます。

Firefox uBlock

このブログの目次をブロックしてみる

右側に表示されている目次をブロックしてみます。

Firefox uBlock

1-A. 「要素選択モード」でブロック対象を選択する

  1. メイン画面の「ペン型アイコン」をクリックして「要素選択モード」に移行
  2. ブロック対象を選択
Firefox uBlock

1. ペン型のアイコンをクリック

Firefox uBlock

2. ブロック対象をクリック

1-B. コンテキストメニューを使用してブロック対象を選択する

  1. ブロック対象を右クリック
  2. コンテキストメニューから要素をブロックを選択
Firefox uBlock

「要素をブロック」を選択

2. 適切な要素を選択する

ブロック対象を選択すると、画面右下に要素の選択肢が表示されます。

  1. 選択肢から、ブロック範囲が適切なものを選択
  2. 作成を押下
Firefox uBlock

ブロック範囲が適切なエレメントを選ぶ

目次がブロックされました。

Firefox uBlock

目次が消えました

関連記事

Firefox