Local Historyがアップデートされ、使いづらくなってしまった

2016-06-04
2016-07-17
フルパス表示に関して、ユーザーから改善の要望が出されました
Enchancement: Hide full file path · Issue #77
2016-06-11
history_pathが復活しました
Fix #64 by jrappen · Pull Request #65

Local Historyは、 ファイルのバックアップを作成してくれるパッケージです。このたび久しぶりにアップデートされましたが、変更内容がちょっと残念です。

history_pathが廃止されました

バックアップの保存フォルダを指定するhistory_pathが廃止され、 任意のフォルダを指定できなくなりました。

従来

history_pathにて任意のフォルダが指定可能

  • "history_path": "D:\\Local History"

アップデート後

portableの設定による2択となり、任意のフォルダは指定不可

"portable": true
<home>\AppData\Roaming\Sublime Text 3\.sublime\Local History
"portable": false
<home>\.sublime\Local History

ファイル一覧がフルパス表示になりました

バックアップファイルの一覧表示が、ファイル名表示からフルパス表示に変わりました。

一覧表示において、表示されるバックアップファイルのパスは「すべて同じ」であるため、パスを表示する必要は無いはずです。 その表示する必要の無いパスがずらずらと表示されて、肝心のファイル名が見づらくなってしまうという大変残念な変更です。

従来

ファイル名表示

アップデート後

フルパス表示

関連記事

Sublime Text