Gutterにカラーアイコンを表示してみた

Color Highlighterを使って、Gutterにカラーアイコンを表示してみました。 Color Highlighterを「導入していない/したくない」場合は、カラーアイコン表示に特化したGutter Colorがおすすめです。

Sublime Text Gutter Color

Color Highlighterによるカラーアイコン表示(行番号の左側)

併用の問題

Marking Changed Rowsなど、Gutterを使用するパッケージとは併用できません。

カラーアイコンの表示にはImageMagickが必要

Color HighlighterやGutter ColorでGutterにカラーアイコンを表示するには、ImageMagickを導入する必要があります。

ImageMagick ダウンロード

ImageMagick Windows Binary

Sublime Text Gutter Color

ImageMagick インストール

カラーアイコンの表示に必要なconvert.exeをインストールするために、「Install legacy utilities」を選択します。

Sublime Text Gutter Color

Color Highlighterの設定

convert_util_pathconvert.exeのフルパスを記述します。

ColorHighlighter.sublime-settings
{
    "convert_util_path": "C:\\Apps\\ImageMagick-7.0.3-Q16\\convert.exe",
    "ha_icons": true,
    "ha_style": "none",
    "icons": true,
    "style": "underlined_solid"
}

Gutter Colorの設定

convert_pathconvert.exeのフルパスを記述します。

GutterColor.sublime-settings
{
    "convert_path" : "C:\\Apps\\ImageMagick-7.0.3-Q16\\convert.exe"
}
関連記事
Sublime Text
2017-06-01 GitGutterを使ってみた
2016-12-10 ColorHelperが動かなくなった
2016-11-28 ColorHelperの新しいカラーピッカー
2016-11-06 ColorHelperがバージョンアップして、ついに安定化
2016-10-02 ミニマルでダークな「Theme - Cyanide」のカレントタブ色を変更してみた
2016-08-04 Local Historyのファイルリストをフルパス表示からファイル名表示に戻してみた
2016-06-04 Local Historyがアップデートされ、使いづらくなってしまった
2016-05-25 メニューバーに「Recent」メニューを追加してみた
2016-04-16 File Historyを絶対時刻表示にしたら動作しなかったので、コードを修正してみた
2016-04-06 全行を矩形選択するキー操作