Microsoft Edgeの再インストール方法

マイクロソフト コミュニティの書き込みを参考に、自環境に合わせて簡略化。

自環境の状態

Windowsの設定>アプリ>既定のアプリ>WebブラウザーMicrosoft Edge以外(Firefox)
Windowsの設定>アカウント>設定の同期>同期の設定オフ

再インストール手順(簡略版)

この手順を実施すると、「設定」や「お気に入り」などがすべてクリアされます。

手順 1

PCをサインアウト、サインインする。

以後、手順終わりまではMicrosoft Edgeを起動しないこと。

手順 2

エクスプローラーのアドレスバーにフォルダパスを入力してフォルダを開き、対象を削除。

meta.edbは存在しないことがある。そのときはスルー。

フォルダパス 対象
C:\Users\%username%\AppData\Local\Packages Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe(フォルダ)
%localappdata%\Microsoft\Windows\SettingSync\metastore meta.edb(ファイル)
%localappdata%\Microsoft\Windows\SettingSync\remotemetastore\v1 meta.edb(ファイル)
Microsoft Edge 再インストール

C:\Users\%username%\AppData\Local\Packagesを開いた様子。

手順 3

PowerShellを管理者権限で起動し、コマンドを実行。

コマンド

Get-AppXPackage -AllUsers -Name Microsoft.MicrosoftEdge | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml" -Verbose}

Microsoft Edge 再インストール

コマンドを実行した様子。

手順終わり

再インストール手順完了。

Microsoft Edgeを起動すると、初期状態で立ち上がる。

Microsoft Edge 再インストール

再インストール後、Microsoft Edgeが初期状態で起動した様子。

関連記事
Microsoft Edge
2017-07-17 Microsoft EdgeのF12開発者ツールが開かなくなったときの対処方法
トラブル
2017-07-17 Microsoft EdgeのF12開発者ツールが開かなくなったときの対処方法
2017-07-01 Windows 10 バージョン1703アップデート後のトラブル対応
2017-03-11 Profilesフォルダ内に大量のserviceworker.txtが発生
2016-12-10 ColorHelperが動かなくなった
2016-10-23 Windows 10 バージョン1607環境にて「DPC Watchdog Violation」が頻発する
2016-09-24 Windows 10環境でオブリビオンが動かないときの原因と対処
2016-06-04 Local Historyがアップデートされ、使いづらくなってしまった
2016-04-16 File Historyを絶対時刻表示にしたら動作しなかったので、コードを修正してみた
2016-02-28 起動時に「bz2エラー」が発生した