HUD Status Barsの導入

2013-07-21
Oblivion Hud Status Bars

HUD Status Barsを右中段に表示した様子

導入環境

  • 本体 v1.2.0.416
  • 日本語化パッチ ver0.16 beta3(obja_12416.dll)
  • OBSE v0020
  • MenuQue v9a

導入したMOD

導入時のポイント

必要なサブパッケージ

  • 00 Core ※
  • 01 Vanilla style

※00 Coreの注意点

日本語環境では、00 Core\fontsフォルダを削除しましょう。削除せずにインストールしてしまうと、オブリビオンが起動できなくなります。

Hud Status Bars.iniの差し替え

BPH and BPN HUD Status BarsHud Status Bars.iniを、01 Vanilla style\ini\Hud Status Bars.iniに上書きします。

フォント指定の修正

日本語環境では、Hud Status Barsのフォント指定をobja設定に合わせる必要があります。 obja設定の中にある、フォントサイズが小さめの設定を指定すると良いでしょう。

例えば、obja設定の「3: HUD、字幕、ステータス名など」を指定する場合は、下のように記述します。

Hud Status Bars.ini

set tnoHSB.hud_textType to 3 ;objaの#3を使用する
Oblivion Hud Status Bars

obja設定の「3: HUD、字幕、ステータス名など」

表示調整

縦方向の間隔を調整 [Hud Status Bars - base.ini]

set tnoHSB.vertical_gap to 14 ;HUDdefaultよりも広め

文字とバーの縦方向のずれを調整 [Hud Status Bars.ini]

set tnoHSB.textAdjust_y to -10 ;文字を上に10px移動

実際の様子

Oblivion Hud Status Bars
【調整前】
set tnoHSB.vertical_gap to HUDdefault
set tnoHSB.textAdjust_y to 2
Oblivion Hud Status Bars
【調整後】
set tnoHSB.vertical_gap to 14
set tnoHSB.textAdjust_y to -10

関連記事

Oblivion

Oblivion UI